本文へスキップ

キャリア・ファシリテーションは人材育成を通してキャリア開発、人材開発、組織開発をサポートします。

TEL. 04-2948-2051

〒359-1141 埼玉県所沢市小手指町4-21-24-203

組織方針CONCEPT

組織方針

キャリア・ファシリテーションは、ファシリテーターの専門組織です。
キャリア・ファシリテーションは、キャリアコンサルタントとファシリテーターの資質の向上をはかり、
企業・組織のキャリア開発、人材開発、組織開発を通して、企業・組織をサポートします。


【ファシリテーションとは】

  • ファシリテーション(facilitation)とは、「容易にすること」「簡易化」「助長」「成長」を意味します。

    1970年代にアメリカでこのファシリテーションという言葉が、まず体験学習に取り入れられ、人間関係トレーニングの学習を促進するファシリテーターが活躍しました。その後ビジネスの分野に取り入れ、現在では、体験学習(人間関係開発)のファシリテーションの他に、ティーチングファシリテーション、会議ファシリテーション、交渉術ファシリテーションなど、様々なファシリテーションが存在しています。

    キャリア・ファシリテーションでの「ファシリテーション」とは、学習・研修・人間関係開発においての促進者を意味します。学習や研修などの際、その場に共にいて、コンテンツ(事実)だけでなくプロセス(流れ)を把握し、必要ならば介入することで、自己理解や他者理解、コミュニケーションを助け、参加者それぞれの学習効果を最大限高めるための促進をする役割を持っています。


    【体験学習・参加型研修とは】

    • 研修(学習)には、講義型と参加型があります。
      講義型は、講師やトレーナーが講義をしたり、レクチャーをして参加者に伝える形式で、会場もスクール形式であることが多いです。
      参加型は、教わるだけでなく、参加者が自ら「参加」して自ら「つかみ取る」方法です。単に、教えてもらうということから、自ら考えたり行動をしてつかみ取る方法ですので、学習も深く、行動変容も起こりやすくなります。会場も話し合いをしやすいようにアイランド形式や机を置かずイスのみであることが多いです。
    • 体験学習とは、参加者の「体験」をベースにして学ぶ学習方法です。
      まずは@実習(ワーク)を「体験」し、そのA「体験」をふりかえることで、どのようなことが起こり、自分はどのように感じどう行動したのか、他者はどのように感じどう行動したのか等を内省したり観察すること。更にふりかえりで出たことをB一般化し、次の体験(実習の場合喪ありますが、実生活での行動)へのC仮説化していくという4つのステップで学習することです。
    • 体験的に学習した場合は、自ら学び取っていますので、効果も大きく、行動変容もおこりやすいといわれています。

組織沿革

2016年
ホームページリニューアル
2015年
ティーチング・ファシリテーション講座開講
2013年
ヘルピングを活かしたキャリアコンサルティング学習会開講
2012年
2級キャリアコンサルティング技能士検定対策講座開講
2012年
キャリア・ファシリテーション設立
このページの先頭へ
キャリアコンサルタント 2級キャリアコンサルティング技能士 社会保険労務士 ファシリテーター
キャリアコンサルティング技能士検定講座 ファシリテーター養成 ファシリテーター養成講座 ファシリテーション
メンタルヘルス ハラスメント 講師育成 講師 コンサルティング

バナースペース

キャリア・ファシリテーション

〒359-1141
埼玉県所沢市小手指町4-21-24-203
下村信子社会保険労務士事務所気付

TEL  04-2948-2051
FAX  050-3488-1131
MAIL info@carefaci.com